会員の活動報告

中学校の教科書「新技術・家庭 家庭分野」(教育図書)の
「食生活と自立」第3章「日常食の調理と地域の食文化」の
学習のまとめに当たる、「生活の課題と実践」の事例の一つに、「3・1・2弁当箱法」が取り上げられています!

会員名:足立己幸(フォーラム理事長)

……(前略)この4月から、中学校で使用開始になりました。
……(中略)約40000人の中学1年生が、今春からこの教科書で家庭科を学び始めます。

と編集担当者からの手紙が添えてありました。

うれしさと、責任の重さとが重なって、胸がいっぱいになりました。
実は取材を受けてから、2年近く経過していますので、掲載不可になったのではないかと心配をしていました。
感激がひとしおだったのでしょう。

関係者の皆様に感謝しつつ、若い世代との「食の共有」のチャンスをもっと積極的に広げてゆきたいと思います。

SKMBT_C22416052417540_0001SKMBT_C22416052418190_0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※クリックで拡大します。