食生態食育プロモーターズ

「食生態食育プロモーターズ」認定の概要

1.「食生態食育プロモーターズ」の目的

所定の単位を修得したフォーラム会員が、食に関わる専門家として、プライオリティの高い重要課題について敏感に対応し、その解決に向けた理論と実践力を習得し、学習のプロセスを含む情報の発信者となること。

2.食育活動のコースと履修単位

コース 活動内容 履修単位数
基本編 実践編
   A 地域レベル、政策論、食環境づくりも含めた食育に関する計画・実施・評価のプログラムマネジメントができる    8    4
   B 個人や集団の食のニーズに対応する食育に関する計画・実施・評価のプログラムマネジメントができる    6    2
   C 自分や、身近な人の食のニーズに対応する食育に関する計画・実施・評価ができる    4    1

3.単位履修方法

(1)履修の構成は基本編と実践編からなり、当フォーラムが主催する講座の認定単位を履修する。
(2)食生態食育プロモーターズ認定単位は、活用する食育教材「3:1:2弁当箱法」、「Cカード活用法」、『魚「食育」』などがある。講座には単位数が明確になっており、履修時に修得した単位は登録される。
(3)これまでの活動や、当フォーラム主催の研修会参加などは、読み替え又は加算履修が可能である。

4.認定申請について

単位を修得したものは、課題を添えて、特定非営利活動法人食生態学実践フォーラム理事長に食生態食育プロモーターズ認定申請をすることができる。

5.単位保有期間

3年間

6.認定資格

申請時に当フォーラム正会員であること

7.認定申請費用

1回3000円

食生態食育プロモーターズの活躍

食生態食育プローターズ~「3・1・2弁当箱法」コース~第1号となられ、ご活躍をされている本法人正会員の見永圭子さんに、プロモーターズについてのお話を伺いました。

見永さんは現在、地域のフリーの管理栄養士として、平成21年から始まった特定検診保健指導を企業から委託されて実施されたり、また、事業所からの依頼で介護予防教室の講師や訪問指導をされたり、管理栄養士の料理撮影アシスタントをされたりなど、多方面でご活躍中です。

また、プロモーターズになられてから、本法人の神奈川コアの代表となられ、神奈川コア活動の中心的人物として、新たな企画提案や活動の準備、運営などに携われています。7月に開催された神奈川コア主催の「3・1・2弁当箱法食育セミナー」でも、参加者の多くを占めた管理栄養士を目指す学生に、実践現場の話も含め、丁寧かつ具体的にアドバイスをしてくださいました。

Q1.プロモーターズになろうと思われたきっかけや動機、プロモーターズに期待したことは?

「食生態学」という私が習わなかった分野を、食育プロモーターズ養成講座を受け勉強できることが嬉しい! と感じたことが大きなきっかけです。

日々の仕事を行っている中で、仕事に関して科学的根拠と照らし合わせて展開していける学びの場を持っていたい、そうした場がほしい、と思っていましたので、その時にこの食生態食育プロモーターズはまさにぴったりでした。私自身、どちらかと言うと先に行動ありき……で活動してきたタイプなので、そうした理論的な裏づけがほしいと思っていました。

Q2.プロモーターズになられてから、お仕事で生かされているな、と思うことは?

現在、特定保健指導・介護予防教室などの仕事をする中でも、食育プロモーターズ養成講座で学んだ内容が具体的に生かされています。例えば、保健指導の相手の方、介護予防教室の参加者の方々にとってどのような情報提供が適切かを考えていくとき、その相手の方の食環境もとらえて、実践可能な方向性を一緒に考えてあげられると思います。それは、「食環境の図」に具体的に当てはめて考えることで、以前より伝えたいことを明確にできるようになったと思います。このことから、自分なりの言葉で、より血の通った対応ができるようになってきたかな、と思っていますし、今後もそうなりたいと思っています。

Q3.これからプロモーターズになろうかな、あるいは興味がある方へのメッセージ

管理栄養士という、資格がなければ働けない職種は、日々質の向上が求められています。それに応えていくためにも、師であり、先輩でもある方々が、仲間として接してくださる食育プロモーターズは、自分の答え探しができる場になると思います。
ぜひ、皆さんもプロモーターズの仲間になりましょう!