研修会・セミナーの報告

名寄研修会

2007年7月16日
会場:北海道名寄市

070716_01

北海道で当フォーラム研修会を開催したいとの想いから、運営委員の石川みどり氏(名寄市立大学)が現地コーディネーターとなり、開催いたしました。
 「3・1・2 弁当箱ダイエット法」のことを言葉では聞いているが、実際のところを知りたい、という熱心な行政や病院の栄養士さん達9 人が集まりました。「自給率200%の北海道です。米も魚も肉も野菜も北海道だけでなく、日本中の人々に供給しています」と参加者から誇り高く言われました。

070716_02
食糧が身近で豊富だからこそ、1食の食事の量と質が簡単にわかる「3・1・2弁当箱ダイエット法」で地域がいきいきとした健全な「食」を実現してほしいと実感。「北海道産の米がおいしくなった」と会話をしているにもかかわらず、弁当箱に主食を詰めるときに「え~、こんなに詰めるの」と躊躇しながら詰めている光景もありました。

文責:薄金孝子(理事)

食生態学実践フォーラムQRコード