研修会・セミナーの報告

岡山研修会
「3・1・2弁当箱法」の実践で、「食事バランスガイド」の活用力も
食卓自給率もアップ!

2008年1月12日
会場:就実大学(岡山県岡山市)
080112_okayama

 平成19年度にっぽん食育推進事業「地域段階におけるシンポジウム等の開催事業」の一環として、岡山市でシンポジウムを開催しました。
 基調講演・針谷順子理事長、コーディネーター・足立己幸理事長、パネリストに大田垣多一郎氏(岡山県農林漁業担い手育成財団農林業実践学習の里 体験学習農園塾長)、本田真美(就実大学准教授)、横山宏子氏(岡山県教育庁保健体育課指導主事)を迎え、食事バランスガイドや弁当箱法などに、地域の生産物を活用する視点強化の有効性について、成果の共有と情報交換を行いました。
 教育、保健所関係者等80数名の参加者があり、皆熱心に聞き入りました。

文責:本田真美(正会員)

食生態学実践フォーラムQRコード