研修会・セミナーの報告

第4回東京都食育フェア

2010年10月10〜10月11日
会場:代々木公園ケヤキ並木通り(東京都渋谷区)
101010_2

 東京都食育フェアに、今年も出展しました。担当テントブースの広さも昨年の倍のスペースとなったことから、出展への意気込みもさらに増し、楽しんで参加することができました。また、今年は、相模女子大学栄養科学部が共催の形となり、大学のホームページにも掲載。総勢23名の学生パワーも加え、事前の準備から積極的に活動しました。

 今回も、「3・1・2弁当箱法」を多くの人に広めること、そして、本フォーラムの広報に役立つようにと、テントブースの中は、・「3・1・2弁当箱法」の展示を中心としながら、動線に沿って自分の弁当箱のサイズや作り方を学んでいくコースと、・ミニ食育体験コーナーに分けて展開しました。この体験コーナーでは「ぴったり弁当マスターになろう」と「ぴったりおはしマスターになろう」プログラムを2日間で20回以上実施し、100名以上の参加がありました。学生スタッフはメジャコンTシャツにお手製のバルーンスカート(主食の黄、主菜の赤、副菜の緑色)で参加者を迎えました。

101010_2

 また、食育フェア会場全体を練り歩きながら、・食育クイズも実施しました。これは昨年好評だった、子どもスタッフによるものです。今年は5名の子どもスタッフが協力してくれました。この子どもスタッフは、夏に行われた食育セミナーの参加者で、食育リーダーになるよい機会にもなりました。

 手作りで準備した景品や食育関連景品500点以上は全てなくなり、参加者もスタッフも充実した時間を過ごすことができました。

文責:吉岡有紀子(フォーラム理事)

食生態学実践フォーラムQRコード