研修会・セミナーの報告

東京都食育フェア
「3・1・2弁当箱法」を用いた食育体験の実施

2011年10月8日〜10月9日
会場:代々木公園ケヤキ並木通り(東京都渋谷区)
111008

第5回東京都食育フェアに、NPO法人食生態学実践フォーラムと共に、私たち相模女子大学栄養教育学研究室も参加しました。そこでは主に3つのプログラムを行いながら、自分の体や気持ちにぴったりなMYサイズを、弁当箱で知ってもらうことを目的として、ミニ食育教室や展示を行いました。

食育体験コーナー「お弁当箱でわかっちゃう! 私にぴったりな食事!」では、「3・1・2弁当箱法」を使って自分の適量を簡単に楽しく知ることのできる教室を、クイズやレクチャー、実際に参加者の方に弁当箱のスケッチ(設計図)をしてもらうなどを交えて実施しました。

展示コーナー「見てわかっちゃう!MYサイズの弁当箱★」では、各サイズの弁当箱を展示し、パネルやリーフレットを用いて説明しました。

出展ブースだけでなく、会場全体を練り歩きながら、参加者に声をかけ、食育クイズも実施。手作りの景品は今年も大好評でした。

両日共に大盛況であり、食育体験コーナーの参加者は2日間で216人。「参加して楽しかった!」「今回の教室をきっかけに自分の食事を見直したい」といってくださった方が多く、実施した私たちもとてもやりがいがあり、楽しみながら参加することができました。

このような食育フェアをきっかけに、食育活動に興味を持ってくれる人が増えると、とてもうれしく思います。

文責:山口千尋(フォーラム学生会員・相模女子大学4年)

食生態学実践フォーラムQRコード