toggle
2016-01-12

ベーリ・ドウエル東京国際大学名誉教授が紹介されています!

1980年はじめ女子栄養大学で、それまで準備を重ねてきた「国際栄養学」を全国初で開講し、その演習カリキュラムに“外国人留学生と日本人学生とが一緒にすすめる共食会”を構築する時から、「食生態学」をご理解いただき、国際レベルでの議論を進めていただき、これらをベースに英語訳書等をご一緒に発刊し、展開させていただいてきたベーリ・ドウエル先生です。

1991年「埼玉県食生活指針」の英語訳、「魚丸ごと探検ノート」のThe ABC’s of Fish, A Holistic View共著等をはじめ、食育基本法や食育ガイドの英語版作成においても、ドウエル先生の厳しく、忍耐強い英語チェックなしには、国際的に発信できるレベルの英語版はできなかったのです。感謝をこめて、紹介いたします。

ドウエル教授毎日新聞-1 ドウエル教授毎日新聞-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です