toggle
2010-01-25

「知っていますか 子どもたちの食卓」

1月23日(土)NHKアーカイブスで放映された「知っていますか 子どもたちの食卓」すごかった!!ですね。

番組は子どもたちの食卓について、3期+αに構成されていましたが、食生態学チームの研究と実践の歴史の一端を見たようでした。

現状から事実を捉え、あるべき姿とのギャップ(課題)を埋めるために実践しつつ研究していくことの重要性を再認識しました(遅すぎるかもしれませんが)。

また、研究データの大事さについて、つい最近、足立先生にお話をうかがったばかりでしたが、教育・研究分野に現在身をおく者として、肝に銘じなければと思いました。

第1期で子どもたちが発信し、研究者が受け止めたにも関わらず、関係者で十分受け止めきれず、第2期では社会環境の変化等もあり、状況が悪くなってしまったこと、第3期で少し希望が見えてきたことを考えると、このフォーラムで大事にしている実践と研究のキャッチボールの輪を広げていくこと、また、他の輪との協働によって大きなエネルギーになることを改めて感じました。

田中 久子(フォーラム運営委員、女子栄養大学)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です